« 2009年4月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年6月

クッキング考

  「家でよくお料理とかされるんですか?」

“奥さんにしたいNo.1フランス人”に選ばれる私だからであろうか。
巷からよくこんな質問をされる。
だが、質問を受ける当人からすると甚だ愚問の感はある。

そもそも“家で”って。
家以外でお料理する場がそんなにありますか。
私はバーベQ専門シェフではないし、出張料理人でもない。

また、“お料理とか”の範囲が無限で捉えようがない。
その“とか”の中には、
食材の選定や農家への指導、
ハリウッドスーパーダイエットなんかも含まれるのだろうか。

・・・まあ、揚げ足をとっても大人げないですな。超ごめん。

おそらく皆様は私の両手の指に輝く「包丁ダコ」をチラ見して、
冒頭のような質問を投げかけてしまうのだろう。
身体つきが料理人そのものだとタクシー無線で誉められたこともある。

まあ、結論を言ってしまえば、
 「料理はしない」よね、うん。

調理器具に対してすら大きな敵愾心を持っています。

トースターのタイマー設定なんて、
そんなにパン焦がしていったい誰が食うんだよってまである
メモリ幅に怒りすら覚えるし、

炊飯器にいたっては、
「中華がゆ用」と「おかゆ用」と「リゾット用」の設定って、
その3つの違いを理解して使い分けしている人がこの世に何人いるのか。
深い哀しみすら感じてしまう。

私はこれまで「男子厨房ニ入ルベカラズ」精神のもと、
けっして料理にだけは手を染めまいと苦労を重ねてきた。

世の中の男子諸君も、
どうか料理のデキル男がモテるなんていう最近の風潮に踊らされないで欲しい。

ただし、もし本当にモテるのだとしたら私もやぶさかではない。
いや、むしろ料理やるよ。
もちろん、本当に本当にモテるならですぞ。
人気があるの意味のモテではなくて、きちんと女性にモテの方のモテですぞ。
だったら料理やるよ、うん、絶対にやる。
そこは私に任せて欲しい。

‐了‐

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年8月 »