心に残る恋しい一言。

心に残る恋しい一言-091


どうせならウソの詩を歌って下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心に残る恋しい一言-090

 

 昔の男からかかってきた電話は、勝利の美酒。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心に残る恋しい一言- 089

  「どこか遠くへ連れて行って」と確かに頼んだが、
  郊外のラブホテルとは思わなんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心に残る恋しい一言-088

 あら、やだ。弟さんの方がタイプだわ。
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

心に残る恋しい一言-087

 
 カレはわたしのワガママを全部聞いてくれる優しさと、
 断固として実行には移さない男らしさを併せ持つ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心に残る恋しい一言-086

 
 媚を売っても、買う客はなし。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心に残る恋しい一言-085

 
 当方、傷モノ。ご理解のある方に
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心に残る恋しい一言-084

  
 女でいることはつまらないが、
 男でいることよりは耐えられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心に残る恋しい一言-083

 十月十日の誕生日に、親の常識を疑う。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

心に残る恋しい一言-082

 男がリンゴで重力を発見する遥か前に、
 女はチチで重力を発見してたはず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧